5月2日譲渡会&オープンシェルター開催します♪♪


5月の第一日曜日も譲渡会開催予定ですよ🐶🐱

今回は犬と猫で、会場と時間が異なります!!

犬はこれまでと同様の上田合同庁舎ですが、

猫はシェルターにて開催します🏠️



【犬】
日時…5月2日(日) 11:00~13:00
場所…上田合同庁舎敷地内卓球場


【猫】
日時…5月2日(日) 12:00~17:00 
場所…シェルター(丸子)

【チャリティーマーケット】
両会場でお買い物していただけます!
ぜひお立ち寄りください✨

 
昨年から引き続き、感染症対策をしながら
安全に譲渡会が行われるように完全予約制となっております。
お越しの方は必ずマスクを着用いただき、手指の消毒にご協力お願いします!
また、体調に少しでも不安があるかたはご来場ご遠慮ください。

 
※上田圏域の新型コロナウイルス警報が
レベル5になった場合には前日でも中止となりますので、
直近のホームページやFBを必ずご確認くださいm(_ _)m
(4月18日現在 レベル4)


 ◆譲渡規約をクリアしている里親希望の方は犬コーナー及びシェルターへの入場予約が可能です。
ひとつでも規約をクリアしていない・同意いただけない方には譲渡をお断りさせていただいておりますので、必ずご確認ください。

譲渡規約をご確認いただきましたら、
こちらからご予約をお願いします。
↓↓↓

メニューの中の犬か猫どちらかを選び、日付を5月2日にすると予約枠が出てきますので、希望の時間をお選びください。
 
 
※先着順で決めることはありません。
里親を希望する全ての皆様からお話を伺い、
検討してからスタッフよりご連絡いたします。
早い時間帯でなくても大丈夫ですよ!😄
 
 

◇犬譲渡会 来場者の方へ🐕
敷地内奥の卓球場で開催となりますが、卓球場前での駐車スペースが混雑する為 お車でお越しの際は、合同庁舎正面の広い駐車場に停めてお越しください。🚙
※会場はこちら↓


◆オープンシェルター参加希望の方へ😺

お車のお客様は、
お手数ですがカワチ薬品丸子店さんの駐車場奥側に停めていただき(↓写真の丸部分)、徒歩にてシェルターまでお越しください。
駐車場にシェルターまでの地図を掲示しますので、
ご確認の上お越しください🚶
徒歩5分程で到着します😊

シェルターで過ごす子たちの自然な姿が見れますよ。
元気な子猫さんから、穏やかな成猫さんまで…
個性豊かなシェルターっ子たちに会ってみてください☺


運命の出会いがありますように💛


 


◆ご支援をお願いしたいもの🙏
・トイレシート(レギュラー、ワイド中厚)
・BOXティッシュ(ソフトパックも大歓迎)
・可燃ゴミ袋(中サイズのみ)
 
また、おうちの猫さんが食べなかったフードもお持ちいただけるととても嬉しいです!
子猫〜老猫用までOK
地域猫さんたちのご飯に使いたいのでよろしくお願いします。
 
 
◆会場に募金箱を設置しております🙇
(1,000円のご支援で、10匹分のご飯になります!)
温かなご支援、どうかよろしくお願い致しますm(_ _)m
 
会の運営費が切迫しております!
新型コロナの影響により
昨年から会の様々なイベントが中止となっております。
保護犬、猫たちの毎日のフードや
持病のある子達や負傷猫の医療費等が足りません。
どうか、皆さまの温かいご支援を 
どうぞよろしくお願いします!
 
 
◆シェルターお世話ボランティアさんも大募集中です🙏
毎日朝晩、シェルターの猫たちのお世話をしています。
シェルターってなに?
どんな事をしているの?
気になる方はぜひスタッフにお尋ねください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2022年カレンダーができました!!

1冊で5〜10頭のワンちゃん・ネコちゃんの1日のご飯代になります。

ほっこりする、見ていて楽しい、幸せな気持ちにしてくれるカレンダーです♪ 

ご購入はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

皆様のご支援お待ちしています♪

賛助会員募集中

クレジットカード寄付

税制控除を利用しての寄付や遺贈・寄贈・高額寄付

Amazon欲しいものリスト

ネットショップ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

アプリから動画チャンネル登録をお願いします♪

YouTubeチャンネル

LINE LIVEチャンネル(譲渡会アーカイブあり)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

譲渡報告

寄付報告

支援物資報告

会計報告・会報

NPO法人一匹でも犬・ねこを救う会

一匹でも犬・ねこを救う会

(右上の3本線がメニューです) 長野県上田市を拠点に 人・犬・猫に優しい街づくり活動を行う 特定非営利活動法人です。 現在、ボランティアで運営し ご支援は全て一時保護中の犬猫のために 使用しています。 地域の方々の意識が高まり、 幸せな犬ねこが増え、 私たちのシェルターが必要なくなる日が いつか来ますように。。。。